エンジニアになるというのはおまけみたいな流れで今このビジネスをしているんですが、GitHubの創立者トム・プレストン・ワーナーが「近い将来プログラミングがなくなる」と豪語しておりましたが、、それは大げさだなとも感じながらも、ジグソーパズル型のアプリケーション開発ソフトくらいはできるのかなと期待してます。

ジグソーパズル型のピース理論が面白い。

例えば会員サイトをつくりたいと考えた時に以下の仕様が考えられます。

  • 新規登録機能⇒ソーシャルログイン⇒登録までのステップ⇒新規会員登録完了
  • 会員ログイン機能⇒マイページ⇒中身
  • 会員データベース⇒
  • 機能データベース…

などなど、、他にも沢山追加したい要件をまずピースとして広げます。

あとはピースを繋ぐ時に条件によってはくっつくけど条件によってはくっつかないなど視覚的なパズルなら小学生でも作れるという事になる。



ピースを開発していけば、プログラミングはいつかはいらなくなるのか。。

それはなくならないような気がします。新しいパラダイムシフトはそもそもの原理から考える事があるから、基盤を知らないでものを作れるのは有る一定の領域までだと思います。誰かがこのパズルを解体するウィルスを作ればそれと戦わなくてはならなくなるわけですからね。
残念ではありますが、個人的な意見ではありますが、プログラミングがなくならないと思います。

ただし、皆さんがもっと簡単に低価格でサービスを導入できるという時代にはドンドン進んで行くと思いますので期待していきましょう。

カテゴリー: Programming

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です